輸送に弱い馬は、当日輸送や直前輸送のないローカル滞在競馬が向いています。

ローカル競馬場開催の狙い方

中央競馬の10競馬場のうち、大都市圏に位置する東京・中山・京都・阪神の4競馬場を中央開催というのに対し、札幌・函館・福島・新潟・中京・小倉の6競馬場をローカル開催といいます。
ローカル開催の競馬場が小回り・平坦の傾向が強いため、得意・不得意とする馬がいます。

 

輸送がカギを握るローカル開催

遠征競馬
東西のトレセンから離れたローカル開催(札幌・函館・福島・新潟・中京・小倉)に出走するをいいます。
それとは別に、関西馬が関東圏で走る東上、関東馬が関西圏で走る西下を意味することもあります。

 

滞在競馬
出走する競馬場の馬房に早めに移動し、そこに滞在してレースに臨むことです。
トレセンからの輸送距離が長い北海道開催(札幌・函館)はほとんどがこのパターンになります。
栗東留学も一種の滞在競馬といえます。
また、輸送に弱い馬は当日輸送や直前輸送のないローカル滞在競馬が向いている。

 

 

ローカル開催のチェックポイント

ローカルホース
ローカル開催で別馬のように活躍する馬がいます。
コースの得意不得意、季節による影響、滞在競馬が向くなどの理由が考えられます。
ローカルコースは坂の起伏が小さいので平坦巧者ともいうが、坂が苦手というよりも、ローカルコースと相性がいいというニュアンスです。

 

ご当所馬
ローカル開催に出走する地元馬主の馬。
馬主の出身地ではなく、その馬主が加入している馬主協会(競馬場ごとに設置)の所在地を地元と考えています。
地元でいいところを見せたい馬主の心情に配慮して勝負がかりになることが多く、
ローカルでは注目に値する馬券作戦の1つです。

 

夏馬
サラブレッドは暑さに弱いが、夏競馬を得意とする馬もいます。
暑さで新陳代謝が上がり、筋肉がほぐれて調子を上げるタイプで、牝馬やせん馬に多いです。
たとえばアイビスサマーダッシュは2005年~2010年まで6年連続で牝馬が制しています。

 

サマーシリーズで夏競馬を楽しむ

サマーシリーズとは、6月3週~9月1週のJRAサマーステージに設定されたポイント制のシリーズ競走のことです。
2000m戦と短距離戦の2つのシリーズがあり、それぞれ優勝馬主に4000万円、厩舎関係者に1000万円が贈られます。
最多ポイント獲得馬が複数の場合は、上位着順が多い優勝となります。