有料制場外馬券売場はエクセルと呼ばれる施設で入場料が必要ですが、指定席で競馬を楽しむ事ができます

有料場外馬券売場のエクセル

中央競馬の場外馬券売場はWINSが主流ですが、他にも有料定員制の場外馬券売場があり、
エクセルという名称の場外馬券売場になります。

 

エクセルは

  • 東京都西東京市にあるエクセル田無
  • 神奈川県横浜市中区にあるWINS横浜からも比較的近いエクセル伊勢佐木
  • 静岡県にあるエクセル浜松
  • 福岡県の博多中心街の中洲にあるエクセル博多

などがあります。

 

エクセルは入場料を必要とする場外馬券売場で、チケットを購入して入場すると指定席でゆったりと座れる椅子とテーブル

 

エクセルによっては各席に専用モニターも設置されていて、ゆったりとした環境で予想する事ができます。
エクセルは高級感のある雰囲気になっている所が多く、WINSのようにメインレースが行われる夕方には路上にゴミが散乱していたりといった事もありません。

 

有料という事だけあって、客の質も高めになっているのもエクセルの特徴です。

 

エクセルの入場料は安い所で500円程度で入場できる所もありますし、よりゆったり見れる席ですと1、500円や2、000円の所もあります

 

エクセル博多は全席共通料金で、有馬記念や日本ダービーなどの特定レース日は3,000円の入場料が必要です。

 

エクセル田無は会員制になっていて、JRAカード(クレジットカード)を持っている事が会員登録の条件となっています。

 

エクセルはゆったり競馬を楽しみたいユーザーに対して作られている理由の他、周辺住民を場外馬券売場の設置の反対を納得させる為に作られている部分もあり、有料・定員制。
なかには会員制にする事で街全体に人が溢れかえる事を抑え、治安の悪化も防ぐ狙いがあると見られています。

⇒WINSの治安について

 

WINSでレース動画を見る時は大体が立ち見になってしまいますが、エクセルではレース中も落ち着いてゆったり指定席で大型モニターで観戦する事ができますので、オススメできる施設です。

 

日本ダービーや有馬記念などのビッグレースの時にはエクセルは早い時間に行かないと満席になってしまう事もあります。

 

またエクセルで購入した馬券はWINSや馬券場で発券されている馬券と互換性があり、エクセルで購入した馬券をWINSで払い戻しする事も可能です。

 

ほとんどのエクセルが平日は払い戻しを行っていないので、馬券を持ち返った場合は、60日以内に、また週末に入場料を払ってエクセルを利用するか週末や平日の対応日にWINSや競馬場などで払い戻しをしに行く必要があります。